海外旅行にはスマホだけではなくカメラも持っていった方がいい理由

海外旅行にはスマホだけではなくカメラも持っていった方がいい理由

普段カメラや写真に全く興味無い方も海外旅行になると話は別です。始めて見る景色や風景を写真にし思い出として残しておきたいと誰もが考えると思います。そしてついつい撮りすぎて帰国後に写真整理するのが大変になることもしばしば。そんな写真に関してここではスマホだけで良いのかカメラを持っていくのが良いのか考えてみました。

携帯にするかカメラにするか

携帯電話の進化は凄まじく、ありとあらゆる物が携帯で実現出来るようになりました、もちろん写真も例外ではなく、以前のような荒い画像ではなく最近のスマホでは鮮明に綺麗な画像が取れるようになっています。これには厭世の感があります。また携帯はカメラに比べとにかく軽く、小さい点が大きな利点です。持ち運びの容易さはカメラが画像や映像しか利用できない点を考慮するとどう頑張っても携帯に軍配が上がります。結局カメラを利用するとなると携帯電話とカメラ2つ持っていく必要があり、それに付随して充電やSDカードの設定、更には撮った後の写真整理など全てが2倍になってしまいます、これはどう考えても面倒くさいのです。しかしながらそれでもカメラが勝つ点があります。

カメラが携帯を上回る理由

携帯ではカメラに勝てません。少なくとも現時点では。理由は大きく分けると以下の3点です。

  • 1. 暗所での撮影
  • 2. レンズの違いによる差別化
  • 3. 1.2は動画も同じ

1.暗い所での撮影はスマホは難しい

これが現時点で携帯がカメラに勝てない理由の大きな点になります。暗いところの撮影はスマホは全く向きません。理由をざっくりと説明すると、写真を写す時に重要な点であるレンズの大きさがスマホは小さいが故に限られてしまっているからです。これを解消するには現時点ではスマホのレンズを巨大化させるしか無く、スマホ細大の利点である携帯性を大きく損なう作りにしなければなりません。ポケットに入らない重たいスマホはどうでしょうか、間違いなく売れませんよね。ただしスマホメーカーも色々試していて、スマホにレンズを装着させる機器を作ったり、写真撮影後に編集する機能を考えたりと、色々やってはいるのですが、今後どうなるのでしょうか。

写真は必ずしも明るい日中帯だけで撮りたい訳ではありません。綺麗な夜景など印象的に残るシーンも撮りたいはずです。全員が団体旅行でメインスポットでの集合写真だけ撮りたいわけでは無いと思いますし。そうなると暗いところで綺麗に撮れないというのは苦しいと思います。また、補足しますが室内での撮影も実は暗所なのです。煌々と灯りがついているから綺麗に撮れると思ったら大間違いで、何も気にしないで撮るとぶれますし、ノイズが入ります。折角思い出として撮った写真がボケボケだったり、ノイズが沢山混じっていたり、見た光景と異なっていたら特に海外旅行においては非常に残念な結果になってしまいます。

2.レンズを交換出来るメリット

続いてカメラが携帯に勝っている点その2はカメラは携帯と違ってレンズを交換出来ます。厳密に言うと一体型のコンパクトデジタルカメラでは交換できないため一眼レフやミラーレスに限られてしまうのですが、ここでは一眼レフを元にご説明します。

写真を撮るにあたって重要な点は風景とレンズの特徴をマッチングさせることです。大きく壮大な風景を撮りたい時に小さなスペースしか撮影できないレンズでは駄目ですし、近づけない遠くの物を綺麗に撮るには広いスペースを撮影するレンズでは駄目です。また①のように暗い所ではそれを鮮明に撮れるレンズで無ければ綺麗な画像にはなりません。要は場面に応じて最適なレンズを合わせる事で良い写真が撮れるのですが、携帯はそれが出来ません。ソフトの力で解決しようと模索しているみたいですがこれも現時点では人工物感が出まくりの加工写真になってしまいます。更に言うとそれらの機能を活かしてもレンズの精度には追いついていません。この点でも携帯はカメラに勝つことが出来ません。

3.動画にもあてはまる

以上に説明した内容は動画にも当てはまります。というのも携帯がカメラ機能を拡充させている間にカメラ側も動画機能を拡充させているからです。様々な場面において綺麗な動画をカメラは取れます。そのため現在では音楽のPVなどの撮影や簡単な説明動画の主流は一眼レフやミラーレスカメラになっています。そのレベルのものを携帯で実現出来るかというと疑問が残ります。良くスマホサイトなどで、ここまで撮れるという映像があったりしますが、その殆どは加工処理を大幅に効かせているか屋外日中の条件が殆どです。それだけ撮影というのは難しいということなのですが、逆に言うと暗所などでの撮影技術が高いスマホは買いなのかもしれません。

結局は自分がどうしたいかによる

身もふたも無い結論になってしまいますが、綺麗な写真や動画を撮りたい、残したいと考えた時には一眼レフと場面を想定したレンズが必要であることは間違いありません。そしてこれは動画も同じです。そこには重たいカメラを持ち運ぶことや充電などの負担はあります。それが手間で面倒くさい場合は携帯の写真で収めるしかありません。しかし海外旅行の希少性を考えると個人的にはカメラとレンズを購入した方が絶対良いと思います。個人的にはレンズの大きさという物理的な限界を技術が超えることは難しいのでは無いかと思っていますがそこを乗り越えてくるカメラ・レンズの進化はあるのでしょうか。もしあるとしたらそれはスマホメーカーというよりカメラメーカーから来るのではないかなと思っています。ですのでニコンやキャノン、富士フィルムなどはぜひスマホを製作していただきたいのですが、どうなりますでしょうか。