徹底解説!海外ATMによる現金の引き出し方と注意点

徹底解説!海外ATMによる現金の引き出し方と注意点

長期にせよ短期にせよ海外に行く場合、ATMで現金を引き出す事は必須になります。極端に短い滞在日数などで無い限りキャッシュのみで対処する事は余り無いのではないでしょうか。とはいえ、日本で現金を引き出すのとは訳が違います、日本語対応ATMは稀で英語表記のみで行わなければいけない場合が殆どである以上、間違って何回もやり直しているうちにロックされてしまい、引き出せなくなってしまったなんて事にも繋がりません。ここではオーソドックスな海外ATMでの引き出し方と各英語表記を解説いたします。もちろん全てのATMが同じ手順ではありませんが何かしらのヒントになると思いますのでご参考までにどうぞ。※英語のATMでの案内になります

事前確認

幾つかの国際キャッシュカード・デビットカードは初期設定を「引き出し限度額が0円に設定している」場合があります。入金されていても引き出せません。この場合、日本出発前に「必ず」設定変更を行ってください。またカードによっては発行時に設定したパスワードと現地で引き出す際のパスワードが異なっている場合もあります。この場合も現地でロックされてしまう大きな要因ですので各銀行の窓口に事前に確認するのも忘れ無いように。とにかく不明点を全て解消し入金を済ませておいてください。

念のためクレジットカードは必ず持っていく事

キャッシュカードとは異なりクレジットカードは特に海外用に何かをしなければならないという事はありません。またATMより現金をキャッシングサービスを利用して引き出す事さえ出来ます。そのためクレジットカードは必ず持って行きましょう。また当然ですが現金も持って行きましょう。

では海外でキャッシュカードを使って現金を引き出しましょう

日本で手にできる国際キャッシュ・デビットカードは殆どが「PLUS」マークつきのATMで使用します。citi系などそれ以外にも使えるものがあったりしますがここではご説明致しません。

・PLUSマーク付きのATMを探す

空港や公共施設にはあると思いますのでまずは現地の空港で引き出す事が良いと思います。

・引き出し手順

※前提:使用言語(language)があるか探す、ある場合はjapaneseを押す。無い場合はそのまま続行。
①ATMにカードを入れます。
②暗証番号(ENTER PIN等の表記、PINが暗証番号の意味)を入力します
③取引内容を選びます。引出しなので「WITHDRAWAL」を選んで下さい。なお以下が主なATMの取引内容です。WITHDRAWAL=引き出す、TRANSFER=振込み、BALANCE=残高照会、CANCEL=キャンセル等
④口座を選択します。預金から引き出す場合は「SAVINGS」を、クレジットで引き出す場合は「CREDIT」を選んで下さい。あまり無いかもしれませんが当座預金から引き出す場合は「CHECKING」を押します。
⑤下ろす金額を選択します。※注:この画面で下ろしたい金額を入力してもエラーになる事があります。残高に問題が無い場合はATM自体にお金が入っていないなどが考えられます。下ろせるはずだと闇雲にボタンを押してしまうとエラーになって、最悪ロックがかかってしまいますので、あわてず他のATMを探しましょう。

引き出しに際して気をつけたいこと

海外のATMでは様々なタイプのATMがあり、途中までは上手くいったけど、下ろせないなど予期せぬトラブルがあります。その場合は前述したように闇雲にボタンを押さずに他のATMを当たってみましょう。それでも出来ない場合はアカウントのトラブルの可能性(1日の出勤限度額を超えてしまったなど)が考えられますので、カード会社へ連絡を取って確認してみてください。また、ATMを利用した犯罪も多く、カードが吸い込まれないタイプのATMがある場合そちらを使う、空港や銀行などスキミングされにくい場所のATMを使う等、気をつけて引き出すようにしましょう。